ホーム > NEWS > 薬用シャンプーにする意味

薬用シャンプーにする意味

薬用シャンプーにする意味について考えてみました。
CMで「まだ、嫁シャン使っているの」というフレーズがあります。
私も今までは家族共通のシャンプーを使用してました。
結論から申し上げると嫁シャンはダメです。
私自身、家族共通のシャンプーを使用していましたが、自分にあったシャンプーを使用するべきです。
年齢性別生活環境等で頭皮のダメージや状況は人それぞれです。
それをひとまとめに、みんなと同じシャンプーを使用するのは、自分の頭皮に合っているシャンプーとはとてもとても言えないです。
自分の生活環境にあったシャンプーを使用することが、自分のため、自分の頭皮のためになります。
どうしても頭皮のダメージが気になった私は、薬用のシャンプーと育毛トニックを使用するようになりました。
最初は効果をさほど期待していませんでした、使用してみると、その効果はなかなかのものでした。
仕事上、頭皮に汗をかく環境でもあるため、頭皮の脂汚れを落とすことが強いシャンプーに変えて、しっかりと汚れが落ちているような気がします。

髪が薄くなったら入門を紹介します


関連記事

髪の毛は人の印象を変える重要なもの
人は髪の毛次第で印象が変わります。 さまざまな要因で髪の毛は薄くなってしまいます...
薬用シャンプーにする意味
薬用シャンプーにする意味について考えてみました。CMで「まだ、嫁シャン使っている...
テスト
テスト記事です。...